マレーシア旅行

安全地帯ではないマレーシアのトイレの個室

皆さんこんにちは、かっしーです。

今回のブログは、旅行者だけではなく、移住した人にも意外と知られていないであろう、トイレの個室内で是非気を付けて欲しいことに関してです。

下記にて触れることが起こる確率はあまり高くはないと思っていますが、実際に私の知り合いで、経験した人は数名おります。

過度に神経をすり減らす必要はないですが、少しだけ気を付けることによって大きな問題に発展させることを防いで頂ければと思います!!

え、トイレの個室で何が起きるの?

安心してください、自分の身に何か危ないことが起きるということではありません。
個室なので当たり前ですが、気なんて張っていない中、自分の持ち物が盗まれることがあります。

どうやって、個室で窃盗が起きるのか、下の写真をまずは見てみてください。


窃盗の手口その1

まずは、1つめの写真、、、

こちらのトイレでは、窃盗が起きないように横の個室との壁のさらに上部に”遮る物”(すいません、適当な言葉がみつかりません笑)があり、何も心配することはない構造になっていますが、ほとんどのトイレではこのようになってはいません。

その場合に何が起こり得るかというと、お察しの通り、左右から手を伸ばしてカバンを盗ってしまうんです。

私自身はやられたことはないのですが、おそらく、窃盗犯は逃げる準備満々で盗るので、盗られたら最後、個室から抜け出して捕まえるのは不可能でしょう。

この類の窃盗の発生件数は昔ほどはないみたいですが、まれに私の周りでもやられたと聞くことがあるので是非注意したいものです。

窃盗の手口その2

次に、2つめの写真、、、

カバンを持っていたら、余裕でかけますよね?

そう、これを狙ってくる場合もあります。私個人が聞いたことが比較的多いのは、1つめのケースで、頻度としては劣るものの、このパターンも聞いたことがあります。

横から取られるにしろ、目の前で取られるにしろ、個室から出て追いかけて捕まえるのは不可能ですよね(そもそも危ないので物を盗まれても追いかけてはいけない、という鉄則ルールはありますが・・・)。

マレーシアって安全って聞いたんだけど?

マレーシアは安全だと思います。

ただ、日本のように、夜女性が一人で歩けるのが普通というような感覚とは分けて考えなければいけないですし、軽犯罪であれば、比較的頻繁に起きます。

テーブルの上に携帯や財布を置いておいたら、盗んでくださいと言っているようなものですし、財布をポケットに浅くいれてたら、盗られて当然です。

外国にいる以上、やはり最低限気を付けることによって安全に生活ができるという考え方にリセットすべきだと思います。

結局トイレの個室内ではどうすればいいの?

2つめの手口に関して言えば、私は一番上には絶対カバンをかけないようにしています。

そんなこといちいち考えていると疲れるなと思う人もいるかもしれませんが、慣れるか盗られるかどちらかだと思います。

慣れれば盗られないですし、これくらいはやって当然かと!

手口その1に関して言えば、頭を使ってどうにかするしかありません!

個人的には、椅子に置く時でも、どこであってもカバンの持つところが立ったまま人が持ちやすいような形で置かないようにしています。

後は、置かずに、↑のように気を付けてドアの上にかけると良いかもしれません。

以上、かなりマイナーな今回のブログ内容ではありますが、注意しておいて損はないかと思います。

繰り返しますが、それほど頻度が高いことではありません。

ただ、PCが入ってたり、携帯や財布が入ってたりと、一度で全て盗られるのなんてやってられないですし少し気を付けることでそういったリスクがぐっとなくなくなるので必要のないリスクは是非排除して頂きたいです!

今回記事内にて紹介している窃盗方法以外にも、軽犯罪は各所で起きます。

同様に、特に旅行者には気を付けてほしい詐欺を紹介しているので下記のブログも是非参考にしてみてください!

↓マレーシア旅行者が狙われる!詐欺の手口その1↓
マレーシアでの詐欺「You have a lucky face !」には気を付けて!
↓マレーシア旅行者が狙われる!詐欺の手口その2↓
マレーシアでの詐欺「Show me your foreign currency !」には注意!!