ファイナンシャルプランニング

マレーシア在住ファイナンシャルアドバイザー

こんにちは、かっしーです。

マレーシアに移住して10年以上が経ちました。

かっしーはそもそも最初マレーシアになんで来たの!?と聞かれることは多々ありますが、結論から言えばたまたまではあります。

2008年にマレーシア国費留学生としてマレーシアに来させて頂き、マラヤ大学で修士号を取得。そこからマレーシアでお仕事をしているという状況になります。

卒業から少し時間を空け、現在ファイナンシャルアドバイザーとして仕事をさせて頂いております。

自分調べによると、マレーシアの金融庁(厳密に言うとマレーシア・ラブアン金融庁)で公式にお金のコンサルティングをするための金融庁ライセンスを一番最初に取った日本人は私だったようです!

Infinity Financial Solutionsという会社のカントリー・マネージャーで、会社としては2,000名以上の資産運用のサポートをしております。

私自身も100名以上のクライアントをサポートさせて頂いていて、マレーシア日本人商工会議所でも定期的に講演をしております。

IFAのファイナンシャルアドバイザーはどのように仕事をするかと一応説明すると、基本的には自社商品を持っておりません。

中立の立場から、資産保全性・費用対効果を考慮し、利用するに値すると考えられる銀行やプライベートバンク、保険会社等と提携し利用し、各々のニーズによって必要な会社や商品・プランを選別しています。

そういう意味では相談料は無料になり、我々の報酬は金融機関側から支払われる構造になっています。

アドバイザーを通しても通さなくても、クライアントの立場から見たら必要なコストは全く変わらないのでお気軽にご連絡頂ければと思います。

仕事を通して、色々な形で人生を送られている個人に会ってファイナンシャルプランニング・資産運用全般のアドバイスをするので、当然一定量の資格が必要になります。

もちろんこれはアドバイザーとして最低限もっているべき、という話なので、資格が足りていれば良いという訳でもないと思いますが、それでもやはり最低限の知識は必要です。

まずは金融庁に確認を!!

自分のお金、つまり人生を一定割合にしろ託すことになるので、最低限のチェックはするべきだと思っています。

ファイナンシャルアドバイザーは制度上、マレーシア本土の金融庁管轄もしくはラブアン側の金融庁の管轄となるわけですが、マレーシア人以外のアドバイザーはラブアンの税制を理由にラブアン移民局・金融庁の管轄となるのが常です。

必要に応じて私のライセンスについてお問い合わせ頂きご確認ください。

アドバイザーとしての認定

まず、アドバイザーとして金融庁が認める”単位”が70必要とされています。

マレーシアの他にも、日本やイギリス、シンガポールやオーストラリアなどのファイナンシャルプランニングや資産運用に関連した資格をラブアン金融庁が単位として数値化しており、合算させた数値が70単位を超えなければなりません(例えば日本のFP資格は20単位)。

この最低ラインは年々すこーしずつ厳しくなってたりもします。

自分の厳密な単位数を改めて数えてみたのですが、現時点で計165でした。

他にも、毎年35時間分の研修・トレーニングが関連機関にて義務付けられています。

また、実際一番簡単な方法として、パスポート上の就労ビザのページでも証明が可能です。

ポジションとして、DirectorやManager、Financial Adviserの記載があれば単位が足りている証拠です。

それ以外、例えば、Business Development ManagerやCoordinatorであれば会社には所属できますが、投資にしろ保険にしろ顧客に対してコンサルティングをすることはできません。(そもそも最低知識もないのにするべきではないと思います・・・。)

参考までに、一部隠れてますが私のはこんな感じです↓

↓2019年7月に更新しました!↓

資産運用に際して②

また、非常に大事なこととして、”売ったら終わり”の構造になっていないかの確認をする必要があるかと思います。

アドバイザーと言われる人間が都合の良い情報だけを並べて、売ってしまい、報酬の支払いがあり、あとはクライアントの運用に関してサポートするモチベーションが残らない・・・。

というような構造になっていないかは要チェックです。

私がアドバイザーとしてどうだという話ではなく、投資は自己責任となるからこそ、最低限のチェックをしたうえで、長期で関わるファイナンシャルアドバイザーを選定することが大切ではないでしょうか。

マレーシアに住もう!

本ブログでは”マレーシアの紹介”と”資産運用”の2つを軸に運営しております。

お金の話が中心になるかと思いますが、他にもマレーシアに住んでいる人、住もうと思っている人のためになる情報を発信していければと思っています。

また、資産運用に限らず、最近は医療保険周りについてご連絡を頂くことも増えているので、お気軽にご連絡下さい。