マレーシア生活

海外からマレーシアに帰国!<ホテル隔離期間の食事内容と注意点>

2020年8月中旬現在、海外からマレーシアに戻るとホテル隔離が義務付けられています。

一旦は緩和されて自宅隔離でも可となったのですが、隔離ルールを守らない人が出てしまったりとホテル隔離へと規制が再度強まる形となりました。

14日間のホテル滞在(部屋から出れない)となるので、かなり体力的にもメンタル的にもチャレンジングな期間となることは想像に難くないと思います。

その14日間を現在経験している先輩(松尾さん!)がいて、食事内容を教えてくれているのでご了承のもと当ブログでも紹介いたします。

ホテル隔離における食事中心の内容になりますが、注意点もいくつか挙げていきます。

マレーシアに帰国後のホテル隔離

ホテル隔離開始

到着後、一日目の晩御飯がこちら。

いきなり強烈なパンチを食らったような感じになります。

2日目からどんな食事が出てくるのでしょうか?

ホテル隔離2日目

朝ごはん

昼ごはん

晩ごはん

ホテル隔離3日目

朝ごはん

昼ごはん

晩ごはん

ホテル隔離4日目

朝ごはん

昼ごはん

晩ごはん

ホテル隔離5日目

この辺で、さすがに限界になってきたみたいで(漂流記みたいになってきてますし)、ルームサービスを利用し始めたそうです。

マレーシアのホテル隔離の際の注意点

食事について

基本的には当ブログ内のようなものが出され続けます。

かなりしんどくなることが想定されるので、日本から持ち込みましょう。

ルームサービスも一定量利用できるようですが、健康・メンタル状態維持のために日本の食品・飲み物は必須ではないでしょうか。

参考までに松尾さんに持ち込みアイテムがこちら。

ホテルについて

基本的には自分で選択はできません。

他方でも聞いている限りそれなりのホテルが隔離用に使われているようですが、こればっかりは状況によって変わるかと思いますので、どこのホテルの滞在となるか完全に運しだいだと考えて下さい。

衣類の洗濯について

原則、ランドリーサービスは許可されません。

なので、14日間の着替えをもちこむか、自身で洗って何度も着れるようなものを持っている必要があるかと思います。

松尾さんは、男性の場合海パンをおすすめしています。

Grabフードなどの外部サービス利用について

原則不可です。

食事に関しては、出されるものor持ち込んだものorホテルのルームサービスとなります。

滞在期間のホテル内移動について

原則不可です。

ガチ籠城です。軟禁にも近いかもしれません・・・。

十分な下調べを!!

実際には全てが上記の限りにならないこともあるようです。

場合によっては交渉に応じて多少外部から持ち込みできる場合もある(?)ようなので、各々ホテルスタッフと改めて確認してみましょう。

RMCO自体はもうちょっとで終了となりますが、見通しとしてはもうちょっとこのホテル隔離ルールは続くと考えています。

常に各々で最新の情報をチェックして隔離に臨みましょう。