ファイナンシャルプランニング

海外在住時に利用可能な基軸通貨建て元本保証商品

皆さんこんにちは、マレーシア在住ファイナンシャルアドバイザーのかっしーです。

今回は私がファイナンシャルアドバイザーとして取り扱っている、基軸通貨建ての元本保証商品を一部紹介していきます。

自分の時間枠やライフプランニングに沿った管理運用をし、プランや商品を個別に判断していくのと同時に、全体観の伴ったポートフォリオ管理が理想となります。

その全体の中の1種のアセットとして元本保証商品・プランを紹介していければと思います。

尚、発行体・商品のプロバイダーの名前や商品そのものの名前は本ブログ内では公開しておりません(発行体S銀行)。

概略や商品構造の説明までとなりますので、追加情報に関しては別途、下部の問い合わせフォームをご使用下さい。

元本保証商品の基本情報

まず、基本情報は以下となります。

● イギリス金融庁の規制・管理下の発行体による商品
● 原則、5.5年の運用期間
● 管理通貨は米ドル、豪ドル、英ポンド
● 最低運用額は100,000USD(相当)
● 申請者は一定量英語で会話ができる必要がある(最初の本人確認用)
● 原則、日本国籍保持者は海外在住中にのみ申請可能
● 元本保証商品としてインターナショナルアワードを数度受賞

S銀行発行の元本保証商品概要

口座の元本に関しては約5.5年間ロックされることとなりますが、その期間下記のインデックスに投資されることとなります。

米ドル運用の場合の該当インデックス

【S&P 500 Low Volatility Index】

このインデックスは、S&P500インデックスを構成する株式の中で最も価格変動の小さい100社で構成されたインデックスです。

英ポンド運用の場合の該当インデックス

【S&P United Kingdom Index】

このインデックスは、S&Pヨーロッパ350インデックスを構成する株式の中から英国株式を抽出したインデックスです。

豪ドル運用の場合の該当インデックス

【S&P/ASX 200 Index】

このインデックスは、オーストラリアで上場している200社の優良大企業をS&P社がインデックス化したものです。

約5.5年間のロック期間と元本保証

例えば、米ドルで運用したい場合、1つ目のS&Pインデックスを使用して運用されることとなり、選択通貨に関わらず約5.5年間ロックされます。

その5.5年間の間、開始時のインデックスの値と終了時のインデックスの値が比較されます。

<本元本保証商品のルールとして>

終了時のインデックス値が開始時のインデックス値を下回った場合
プラスマイナス0で返金されます。

終了時のインデックス値が開始時のインデックスを上回った場合
成長分の80%が投資家の実質運用成長率となります。

*ここまで発行されてきた本元本保証商品の内、スタート時の値から比較して5.5年後に、インデックス値がマイナスで終了したことが2度あります。

その際も規定のルール通り、プラスマイナス0で返金されております。

全体ポートフォリオの一つ

私自身マレーシアを中心に東南アジアに住む日本人の方々を中心にサポートしております。

所有通貨が一つに偏っていたり、やけに投機的なものばかり持っていたり、全体的な視野でみることが大切であると考えています。

今回紹介しました商品一つがどうだという話よりも、それぞれのファイナンシャルプランニング・ライフプランニングに沿った形でバランスの取れた管理・運用していくべきです。

日本人の多くが元本保証が好き、ということで元本保証商品とは言えかなりきわどい商品ばかり取り扱うような人も存在しています。

一つの例として気を付けなければならない仕組債のポイントを以下で紹介しています。