YOUは何しにマレーシアへ?

YOUは何しにマレーシアへ?Vol.6~言葉の伝道師のYOU~

皆さんこんにちは、かっしーです。

早くも第6弾となる、この”YOUは何しにマレーシアへ?”のコーナーですが、今回は、在住10年の私の倍の期間をマレーシアで過ごし、多くのマレーシア在住日本人の方に知られている経営者/先生とインタビューをして参りました!

私自身の飲み友達でもあり、インタビューの前から今回のYOUについてはそれなりに知っていることも多かったのですが、インタビューという形式だと新たな側面なども見えてとても新鮮でした。

当地ではとても有名な方ですが、今回のYOUを既に知っている人が読んでも楽しいインタビューとなっていると思うので、是非読んでみてください!

また、海外で日本語の先生をやりたい!!という目標を持っている方に関しても参考になる内容ではないかと思います。

西尾亜希子さんにとってのマレーシア

西尾さんの基本プロフィール
西尾 亜希子(にしお あきこ)
マレーシア在住20年
お仕事:語学学校の経営と先生
動物に例えるならコアラっぽい(筆者の個人的な想像)

かっしー
かっしー
西尾さんと飲まない現場で会うのは珍しい気がしますが、今日は色々真面目な質問をさせていただきますのでよろしくお願いします!笑
西尾さん
西尾さん
はい、珍しいですね笑 よろしくお願いします。
かっしー
かっしー
YOUは何しにマレーシアへ?というコーナーとしてお話をお伺いするのですが、話が脱線しないように粛々と質問をさせていただきますので!笑
西尾さん
西尾さん
はい、それで大丈夫です♪笑
かっしー
かっしー
まず、マレーシアに来られたのはいつですか?
西尾さん
西尾さん
1999年の4月2日に来ました。ちょうどこの前、マレーシアでも成人式を迎えた感じです♪
かっしー
かっしー
20年ですもんね!おめでとうございます!笑

1999年って具体的な数字を聞くとなんか色々凄いですよね。1999年って日本がどういう時だったんでしょう。一瞬ググらせてください・・・。

松坂投手の”リベンジ”という言葉が流行ったり、マジカル頭脳パワーが終了した年らしいです!あとは、郷ひろみさんが渋谷でゲリラライブをしたみたいです!

西尾さん
西尾さん
あまりぴんときませんが、それくらいに来たってことですね♪

郷ひろみ・・・笑

かっしー
かっしー
実際にマレーシアに来た時の前後のことで今でも覚えていることってありますか?
西尾さん
西尾さん
マレーシアに来る数日前に東京で生まれて初めてあん肝を食べてものすごく感動し、マレーシアにいったらきっとあん肝は食べられないだろうと思ったら少しだけ気持ちが揺らぎましたが、それ以外は後ろ髪ひかれることなく、わくわくした気持ちでマレーシアに来ました。

怖いとか不安とかさびしいとかいう気持ちよりも、楽しみ、という気持ちのほうが断然強かったと思います。

かっしー
かっしー
今だからマレーシアに移住とか転職とか、いたって普通に話されてますけど、その頃はきっととても珍しく見られましたよね。

その時の西尾さんにとって、海外に出る動機やマレーシアに来る動機はどのようなものだったんでしょうか?

西尾さん
西尾さん
海外で働いてみたかったので、日本語教師の資格を取ったんですね。

ガソリンスタンドのバイトなどをしながらお金を貯めつつ日本語教師養成科に通ったのも良い思い出です。

日本語教師養成科の壁に貼ってあった求人広告の募集地域は、中国、韓国、台湾、香港が多かったんです。その中でも、マレーシアが一番なじみのない国だったので面白そうだなと思いマレーシアを選びました。

「国名がカタカナだったから」という理由も大きいかもしれません。

かっしー
かっしー
カタカナだったから見た目的に漢字の国々と比較して目立ってたわけですね♪笑

日本で働いたことはないってことですよね?

西尾さん
西尾さん
はい、大学を卒業してそこまで経たずしてマレーシアに来ているので、社会人経験と呼べるものはありません。
かっしー
かっしー
そうなんですね。

今となっては新卒で海外!マレーシア!のような文言を目にすることも珍しくなくなってきていますが、超パイオニアですよね。

私も自身も日本では社会人経験と呼べるようなものはありません。名刺の渡し方など、ビジネスマナー的なものは自分で勉強してなんとかやってます汗

やれているのかは少々疑問はありますが・・・。

西尾さん
西尾さん
そうですね笑 日本のビジネス現場から見ると、少しなんとなくになっていることは私もあるかもしれません。
かっしー
かっしー
改めての質問になりますが、どのようなお仕事をマレーシアでされていますか?
西尾さん
西尾さん
実際に教壇に立って教えてもいますが、本来の仕事は、語学学校の経営です。日本語、英語、マレー語、中国語教育や、日本への留学サポート、各種イベントなど、日本好きなマレーシア人とマレーシア好きな日本人を増やすため、どうしたらいいかを考えて常に動いています。

自分の強みは人と人とを繋げることだと思うので、そこは特に力を入れてやってます。

かっしー
かっしー
英語も含め、様々な言語が勉強できるんですね。

マレーシアだと経営者の場合、もしくは経営者じゃなくても、マレーシア特有のびっくり・ピンチなど経験されたことが何度もあるかと思うんですが、その辺いかがですか?

西尾さん
西尾さん
外国で働かせてもらっている以上、常に抱えるのがビザの問題です。

マレーシアは突然法律が変わるため、制度変更についていくことはやはり簡単ではありません。

この20年間思い返すと大変なことはそれなりにありましたが、なんとなかクリアすることができています。

解決方法は毎回違いますが、とにかく困ってることを周りの人に打ち明けてアドバイスをもらったり、実際に色々なところに相談に行ったりして助けてもらっています。

自分一人では到底解決にはこぎつけられてなかったこともあると思います。

かっしー
かっしー
マレーシアあるある、のように、まじかー!ってなる瞬間ありますよね笑 そのおかげか、昔ほどパニくらなくなりました汗

それぞれが持っているノウハウを提供しあって、正解がわからないなか、より正解に近いものを考えていく、のような作業は時々ありますよね。

私自身はラブアン移民局経由のビザを持っているので、常にそのような方と情報交換をするということを大事にしています。

もちろんおんぶに抱っこで情報下さい野郎だと話にならないと思いますが。仕事以外、プライベートはどのように時間を使われていますか?

西尾さん
西尾さん
飲むことと、おもしろいことが好きで、おもしろそうだなーと思ったらとりあえず首を突っ込んでます。

そもそも仕事と仕事以外の線引きが難しい仕事かもしれません。

プライベートなお付き合いから仕事につながることも本当に多いです。

日本語を教えることも日本語の教え方について考えることも、学校がどうやったらもっとよくなるかを考えることも、好きで仕方がないので、休みの日でも自然にそれを考えていたりするし、それがまったく苦ではないです。

かっしー
かっしー
飲むことに関しては、西尾さんがグラスを持っている姿は本当に楽しそうです笑

日系企業に訪問して教えたりすることもあるって言ってましたし、そういう普段の行動が学校経営に繋がっているんですね。

ただ飲んでいるわけではなく!笑

西尾さん
西尾さん
基本は楽しく飲ませて頂いています笑
かっしー
かっしー
はい、体に是非お体に気を付けつつ、たくさん楽しんでください♪笑

続いて、マレーシアの好きポイント、苦手ポイントなどあれば教えてください。

西尾さん
西尾さん
許容力がはんぱないところでしょうか。

すごく許してもらってるのを感じます。だから、自分も相手を許そうと思います。

苦手なところというか、やっぱり法律が突然変わることには困らされています。

でも働かせてもらっている以上仕方がないので、なんとかやっていきます!

かっしー
かっしー
ありがとうございます。

やはり突然の法改正は、長くマレーシアに住んでいる人はみんなびびってるところありますよね汗

あと質問いくつかで終わるのでもう少々お付き合いください。

西尾さん
西尾さん
大丈夫ですよ♪
かっしー
かっしー
ちょっと難しい質問かもしれませんが、言葉の先生ということで、マレーシアを感じ一文字で表すとしたらどの漢字を当てはめますか??
西尾さん
西尾さん
はい、それはかなりの難問です。ちょっと考えさせて下さい・・・。

そうですね、”民”な気がします。

多民族で、民意で国を変えられることができた民主主義の国。政権交代後に、国の再建のためのクラウドファンディングが国民から自発的にされたことはとても感動的でした。

民間企業が強いという意味でも”民”が当てはまると思います。

ただ、民という字は、間違ってなければ、奴隷という意味をあらわす語源もあるはずなので、その意味合いではなく、良い意味で受け取ってもらえればと思います。

かっしー
かっしー
聞いといてなんですが、急に博識でびっくりしました笑

とても勉強になりました!!

そしてぴったりの漢字だなと思います。民のエネルギーがとてもある国ですし!!

さすが先生!!

全然茶化してるわけじゃないですよ笑

あと質問2つですね。

20年経って、今後もマレーシア在住が続くかとおもいますが、どのように過ごしていきたいですか?

曖昧な質問かもしれませんので、どのような観点での答えでも大丈夫です。

西尾さん
西尾さん
楽しく生きていけたらいいな、、、とは思いますが、それだけだと薄いですよね。

技術が進むにつれて、本人に他言語知識がなくてもコミュニケーションがとれるようになってきています。

それにつれて、言葉を学ぶ必要はなくなるかもしれない、という人もいるかもしれません。

私は、それに対して、学びたい人はいなくならないと思ってますし、人じゃないと教えられないこともたくさん残ると思っています。

ただ言葉を教えるだけでなく、人と人のつながりを作って、出会いやチャンスの溢れる語学学校にしていきたいと思っています。

かかわった人たちに、ATOZで勉強して、関わって、よかった!と思ってもらるようなギフトを準備したいです。それができる力のある人に自分自身がなれるように、また、ATOZがそういう企業になれるように、もっと経験値を付けて、価値を与えられるようにしていきたいです。

マレーシアのため、日本のため、少しでもお役に立ちたいです!

ちょっと優等生すぎますかね??

基本的には、好きな人たちと一緒に過ごせて、面白いことに首をつっこんで、楽しく過ごせればと思っています♪笑

まとまりがなくなってすいません汗

かっしー
かっしー
いえいえ、とてもよく伝わってきました!

語学学校ですと現地のマレーシアの人たちにとっては日本の印象が決まる場でもありますしね、そういう意味ではおっしゃる通り責任重大といいますが、とてもやりがいがあるのかなという印象を受けます。

そういえば昔授業をのぞかせてもらったこともありましたよね。学生さんが楽しそうに勉強しているのを鮮明に覚えています。

最後になりますが、マレーシアで日本語教師をすることの魅力を聞かせてください。

西尾さん
西尾さん
日本語教師はとてもいい仕事です。

教えることで学べることも多くて、教えている瞬間瞬間がとても楽しいです。そして自分の生徒・教え子たちがどんどん活躍していくのを見ることができるのが何よりも喜びです。

楽しいのにありがとうと言われる仕事は幸せな仕事だと思います。

そして、マレーシアは日本語教師としての第一歩を踏み出すのにとても適している場所だと思います。

生徒たちも、先生がんばって!と、とても好意的に応援してくれます。

マレーシアで日本語教師、おすすめです♪

インタビューを振り返って・・・

ある人から、西尾さん教えるのがめっちゃ上手!!と聞いたことがあります。

私の基本印象はグラスを手に持ったときにだれよりも楽しそうな人、というものなんですが、実際に長きに渡ってマレーシアの地で急に発生する波を乗りこなしてきた人なんだな、という印象をインタビューを通して改めて感じました。

私自身がファイナンシャルアドバイザーとして関わる人たちの中でそれほど現地の人はそれほど多くはなく、そういう意味で、本当に現地の人たちの中に入り込んで理解をしているのは西尾さんのような方々です。

仕事の分野が違うとはいえ、常に予想しないことが起きる国マレーシアで生活していく中で、私自身も、今後も今まで以上に西尾さんに頼っていきたいと思います♪

今回は以上となります。

ありがとうございました!!

マレーシアでの就職・転職に関する詳細はこちら