マレーシア就職

マレーシア移住を改めて考えてみる 【祝 移住10周年♪】

皆様こんにちは、かっしーです。

一昨日の9月1日で、マレーシアに始めて入国して、マレーシア生活が始まってからちょうど10年が経ちました!

ありがとうございます!

マレーシアに住んで10年経ったという事実に関して、現地居住の色々な方に、お祝いのコメントを頂いております。

改めて、今回は”マレーシア移住”してる人達ってどういう人達なの?ということについて書いてみます。(駐在のような期限付き前提のケースは内容から省きます)

ちなみにですが、私自身はマレーシアで金融庁よりライセンスを取得した上でファイナンシャルアドバイザーをしています!!

最初のトレンドはMM2Hによるマレーシア移住

10年以上にわたり、マレーシアは日本人が移住したい外国ランキングでずーーーっと1位を取っている国です。

マレーシアが移住先としていい!!というトレンドができたのは、このMM2Hという制度の開始とその認識の広まりに起因されると思います。

MM2Hは、Malaysia My 2nd Homeという制度の略称であり、要は一定の資産額と継続した収入があれば長期でマレーシアに住んでもいいよ♪というマレーシアから与えられる居住権・ビザで、現在でも多くの日本人、また、多くの海外からの移住者が利用されています(日本人と韓国人が圧倒的に多い)。

当初は、”定年後に行く国”という認識が強く、現地では、ある程度の生活水準を保ちつつも、高くない物価でお金がそれほどかからない事から、お金がそれほどかからないのに楽しめる、”ご褒美人生”のような打ち出されていました。

マレーシア移住トレンドがどんどん強まり、日本国内でのメディアでも紹介されるようになっていきました。

JR品川駅前にある、どーんっと大きいマレーシア移住の宣伝看板を見つけたときにはニヤッとしてしまったのと共に、日本国内のマレーシアへの注目度を再認識することとなりました。

変わる移住トレンド

当初は、MM2Hビザの所有者がマレーシア移住者のメインのだったんですが、最近は少しずつバランスが変わってきていると思います。

最近増えているなー、と思うのは、日本でビジネスで成功し、比較的若い年代で移住してくる層で30代や40代の方々で、”ご褒美人生”というトーンで来るのではなく、日本側の仕事は仕事で発展させていきつつ、豊かな人生を家族とともに過ごしたいというような理由の方々が明らかに増えてきていると思います。

事業形態によってどういうビザで滞在されているかは異なりますが、マレーシアでの生活がとてもフィットして心が落ち着いているからなのか心の広い方が多く、こんな私でも仲良くしてくれる方が多いです笑

そしてもう一つ、MM2H以外で増えている層が25-35歳くらいの”現地採用層”です。

増えるマレーシア現地採用

時代の流れもあって、転職=そんな簡単にするもんじゃない、そんなの履歴書汚しだ!!

のような考えは無くなってきている昨今、20代後半、もしくは30代に入るにあたって、一度は海外で働いてみたい!と思ってマレーシアに転職してくる層が増えています。

私自身は、一度は海外で働いてみたい!と言うよりかは、日本で仕事をする気はありません!と中学校の先生に言っていたような人間だったので、20代前半からこのルートにいました。

男女の割合は、現地採用という括りで見てみると、おそらく8割女性で2割が男性という感じでしょうか?

男性の場合、色々色々な”しがらみ”などもあるんでしょうか、海外挑戦、というのは少し敷居が高いのかもしれませんね。

メディアで紹介されるような現地採用の生活と、生の声は全く異なります。

メディアの内容が間違っているわけではないんですが、100分の1くらいの確率で発生する転職ケースを紹介している感じですね。

かと言って現地採用=不遇なのかっていうとそうでもなく(そのような場合もあります)、こればかりは、本人の努力や経験、人脈、引きの力、などに影響されると思います。

私の友人にも現地採用という立場ながら、駐在員に与えられる生活よりも豊かに生活している方々もいます。

下記の記事も現地採用の立場で当地で頑張っている方の紹介なので是非よんでみてください!

今後の展望

今後、もっともっと多くの日本人が海外に出ていくと思います。

それは必ずしもキャリアを磨くため、とか、海外で働いてみたい!というような個人の希望による”自身の選択”ではないかもしれません。

20年30年たったら、アジアの中での日本の立ち位置はどうなるでしょうか?選択ではなく、”そうせざるを得ない時代”になる可能性は十分高いと思いますし、少なくとも、私は既にそうなってきていると感じております。

なので、マレーシアを含むアジア諸国で、今後より多くの日本人の若手が今以上に早いタイミングから仕事をし始める流れが強まるでしょうし、少しでも早い年齢で、アウェイの環境で戦える人間になることの重要性は、今後、加速度的に増していくと思います。

マレーシアでの就職・転職に関する詳細はこちら