ファイナンシャルプランニング

資産形成に置いてなぜ時間が重要なのか?その1-侮れない複利効果-

皆さんこんにちは、マレーシア在住のファイナンシャルアドバイザー、かっしーです。

今日は資産形成・資産運用における時間の重要性の話です。

私自身、マレーシアでセミナーを開催する際には、時間の重要性についてほぼ毎回触れます。

運用や投資という言葉を聞くと、まずどういう商品なのかということに目が行きがちです。

それ自体はいたって自然な流れなんでしょうが、一般的に、資産運用のために選択する方法論は自分にどれぐらいの時間が残されているかという観点を常に伴います。

資産を増やそうとできる期間は有限であると自覚することはとても大切です。

今回は、なぜ時間は資産形成に重要なのかについてご紹介できればと思います!

残された時間の違いでこんなにも違う!!

2つのシナリオを比べてみましょう。

それぞれの与えられた時間は全く異なります。

同じ金利(マレーシアの定期預金より少し上の5%設定で試算)でどれほどの差がでるのでしょうか?

【シナリオA】

現在35歳、ニュースなどで年金のことが気になり始め、早めに積み立て運用を開始しようと決める。

・65歳に向けて5,000万円ほどの資産形成を目指し積み立て運用を開始。

・金利は5%とする

残された運用のための時間は30年間

【シナリオB】

現在55歳、基本的には今まであまりお金のことを意識しなかったが、55歳になって少し余裕もでき、資産運用に興味を持ち始める。

・65歳に向けて、積み立て運用で5,000万円の資産形成を目指す。

・金利は5%とする

残された運用のための時間は10年間

金利を5%とすると、65歳までの期間、それぞれ月々いくら積み立てれば達成できるのでしょうか?

シナリオAとB、それぞれ計算してみると、

Aのシナリオでは、、、

月々6万円の積み立て額で約5,000万円の達成となりました。

Bのシナリオでは、、、

月々32万円の積み立てで約5,000万円の達成となりました。

これが意味することは、月々の積立額が複利効果によって大きく違うということと、それ以上に重要な事実として、合計の積立額も大きくなることです。

タイム・イズ・マネー

月々の積立額に大きく差が出る事実以上に、総投資額、元本の差は特に注視されるべきことのように思います。

Aのシナリオでは、、、

月々6万円を積み立てた結果、合計の元本として2,160万円を必要としました。

Bのシナリオでは、、、月々32万円を積み立てた結果、合計の元本として3,800万円を必要としました。

そうなんです。

このシナリオ(十分に現実性はあると思います)において、残された運用のための時間の違いによって必要な運用額・元本が1,500万円以上も違う結果となりました。

物事はそんなシンプルじゃない!と思う方もいるかもしれませんが、目標の資産額が異なっても、運用利率が異なっても、この時間の効果は同様に現れます。

このような観点から、例えば個人年金として将来のために資産を作っていきたい、と思うのであれば、敢えて開始タイミング先延ばしにする理由はないし、一般的には、資産形成のためには、時間はあればあるほど良いと言うことができます。