ファイナンシャルプランニング

人生の満足度とファイナンシャルアドバイザーの関係性

こんにちは、マレーシア在住ファイナンシャルアドバイザーのかっしーです。

先日、ファイナンシャルアドバイザーの仕事をしている自分にとってとても感動する調査結果を目にしました。

アメリカの調査ではありますが、2,000人を対象に調査したところ、ファイナンシャルアドバイザーと一緒に人生設計をしている人達・家族の方が、そうでない人達よりも、満足度・幸福度が高いという結果でした。

なぜそのような結果になるのでしょうか?

人生の満足度とファイナンシャルアドバイザー

ノースウェスタン・ミューチュアルの調査結果

人生の満足度、や、幸福度、という単語を並べると概念としてぼやけるかもしれませんが、調査結果を見ると、ファイナンシャルアドバイザーがいる人達・家族の人達の方が自信があり、より金銭的・経済的に安定した生活を送っているということでした。

また、ファイナンシャルアドバイザーとの信頼構築により(ファイナンシャルアドバイザーが的確な助言をできることが前提になりますが)、浪費が少なくなったり、人生の優先順位を一緒に考えたりと、より計画性がある人生、またそれに伴い安定のある生活を送っている人が多いとの結果でした。

調査内で90%以上の家庭が、家庭の幸福は、経済的な安定性に直接的に関わっていると回答しており、その点を解決することが人生の満足感に繋がることは想像できます。

また、ファイナンシャルアドバイザーがいる家庭の70%弱は、家庭の経済状況・安定性に満足しているという回答をしている反面、ファイナンシャルアドバイザーがいない家庭の満足度は30%に留まるという調査結果になりました。

私がアドバイザーとして感じること

相談、、、と言うと大げさな表現になるかもしれませんが、そもそもお金の話をしづらいというのは日本文化の一つの特徴だと思っています。

親子同士でもそんなにお金のことを話さない傾向がありますし、夫婦間であってもなんとなく成り立っているということが少なくないのではないでしょうか。

ご家族とお仕事をさせてもらっている時に、ファイナンシャルアドバイザーとして価値が発揮できているなと感じる時は、

  • 第三者がいると夫婦間・家族間の対話スムーズにやり取りが進む。
  • お金のことを細かく言われたくない人も、アドバイザーなら無理なく聞ける。
  • 気になったことがあったら、サクッと質問できる相手になる。
  • お金に直接関係ないことも相談できる。

など、総じてコミュニケーションがより円滑に進むため、夫婦間・家族でしっかりと家庭内のことをレビューできる、というポイントはやはり大きいと感じています。

良いファイナンシャルアドバイザーとは何か?

他人をあーだこーだ言うつもりもないですし、自分がどれくらいの程度のファイナンシャルアドバイザーなのかの判断も難しいところではありますが、第一前提として、アドバイザーなのかセールスマンなのか、という視点は大事かと思います。

マレーシアにもいますが、一般的にセールスマンの知識・経験はかなり限定的です。なんでかと言えば、自分に都合が良いものしか売り続けてないからです。

それなりの情報を与えて商品を魅力的に見せる、、、というのは難しくはないとは思いますが、知識・経験の面でも信頼できるか、という観点でどんどん質問してみる、というのは良いかと思います。

お互い人として関わる要素もやはりあるので、人として長期で関わりたいか、アドバイスしてほしいか、という観点で選んで頂ければと思います。

私は、マレーシアの金融庁より、個人でも会社でも認可を取得してお仕事をしております。

その件についても少し記事化していますので、よろしければお読みください!

↓お問い合せはこちらから↓

お問い合せフォーム
LINEでのお問い合せ