ファイナンシャルプランニング

貯め方よりも使い方?コーヒー代と資産形成

こんにちは、マレーシア在住ファイナンシャルアドバイザーかっしーです。

皆さんは、ラテマネーという言葉を聞いたことがありますでしょうか?

そのまま捉えると、ラテに支払うお金という意味になりますが、他にも意味があります。

元々は、アメリカのDavid Bach氏によって提唱された考え方で、無意識のうちに普段使ってしまう小さな出費という意味です。

ラテマネーという表現は日本語的に変更されていて、元々はLatte Factorと表現されています。

私自身は普段の出費に関しては頭に入っている方だと思っていますが、実際には多くの人が小さな出費、例えばラテマネーの定義に入ってくるコーヒー代やたばこ代に関して、無意識になっていることも多いのではないでしょうか?

今回のブログ記事では、一回一回はインパクトが無くとも頻度が実は高くなっている出費がどのように、またどれ程に、我々のファイナンシャルプランニングに影響しているのかについてのお話になります。

かっしー
かっしー
稼ぎ方や貯め方、増やし方も大事ですが、”使い方”もとても大事です。

なぜラテマネーを甘く見てはいけないのか?

1.複利効果

フォーブスでの資産形成コラムで、ラテマネーについて話されているものがあります。その中では、例えば、一日3.5ドル(凡そ400円とします)を毎日飲むとします。

過去数十年のアメリカのS&Pの指標は年平均6%を超えているので、400円の毎日の一杯のコーヒーを仮に積立として運用していったとすると30年後には11,000,000円の資産形成につながります。

ちょっと大げさですが、40年だとすると、22,000,000円以上の資産形成となり、全く侮れない資産形成につながっていきます。

そもそも30年も40年も継続できるか?という議論をする人がでるかもしれませんが、いずれにせよこの点に気づかない人は、10,000,000円以上の資産形成機会を失って生きていくとも考えられます。

2.おそらくコーヒー代だけではない

推測を含む話になりますが、ラテマネー系の出費が多い人は、多くの小さな出費が日常で重なっていると考えられます。

上記の例では400円のコーヒーを毎日飲む、という内容なので、単純計算で400円×30日で月々12,000円を積み立てる計算でした。

これを、仮にですが倍の額となる、24,000円の月々のラテマネーの出費、つまり無意識に重なっている出費があると考えてみます。同様に6%の年間成長率で計算すると30年後には24,000,000円の資産形成になります。

もしかしたら24,000円どころではなく、家族全体の無意識下のラテマネー系出費はもっとあるかもしれません。

3.習慣化された不必要性

喫煙者がタバコを吸い続けている理由の一つとして、タバコを吸いたいから、という純粋な理由と共に、クセになっている、習慣化されている、という理由もあります。

ある種吸いたいと思っていなくとも、習慣化されてしまっているからオートで吸っている状態です。

タバコだけに限らず、自分の生活を振り返ってみると、習慣化されてしまっている不必要な出費がある人が多いのではないでしょうか?

コーヒー代ももちろんそうですし、例えば飲んでもう帰りたいのに食べるラーメンなどもそのカテゴリーに入ってくるかもしれません笑

いずれにせよ、価値を生んでいないお金の使い方をしている場合には、上記の例1と2で示されるような資産形成機会を失ってしまっているとも捉えられます。

貯め方よりも使い方

そんなこと細かく気にしてしてたら人生楽しくないじゃないか!という人がいるかもしれませんが、もちろんどうするかは自分で決めることです。

やたらストイックにやれる人もいるでしょうし、垂れ流しの人もいるでしょうし、つまるところは自己責任です。

資産運用の観点から見ると、例えば10,000,000円を5%で運用したい!(つまり年間500,000円増やしたい)と考えるのと、年間500,000円の節約をすることを比較すると、圧倒的に成功率が高い(というか意識すれば100%)達成できるのは後者です。

私自身は、それなりに勉強したり読むものを読んだりしているのですが、多少節制することや、自制することが人生の幸福度を落とすという認識は全くありません。

どこまでやるかは自分自身で決めることとは言え、使い方と貯め方の両輪で資産形成を捉えて実践していくことは、特に時間がある30-40代の人にとっては重要な考えかたではないでしょうか?

お問い合せはこちら