ファイナンシャルプランニング

国際保険会社が提供する信託サービス「万が一の際に資産はどうなる?」

自分の資金が複数の通貨で管理されていたり、資金の所在地が一カ国だけじゃない、、、ということは決して珍しいことではなくなってきています。

為替リスクやカントリーリスクについて過度に考える過ぎるのもどうかとは思いますが、それでも一定の分散管理は必要不可欠ではないでしょうか。

私自身お仕事をする中で、その分散された国際資金の所有者に万が一のことがあったら資金はどうなるかという視点を非常に大事にしています。

昨今さまざまな本やYoutube動画を通して、いかにリスクをコントロールし資産形成していくかのような内容が議論されていますが、それ以上に大事なのは、万が一の際に資金が残された家族にスムーズに戻るかどうかではないでしょうか。

今回は、普段は話題として優先されない(でもとても重要です!)信託・トラストについての内容となるので是非ご参考下さい。

かっしー
かっしー
資産運用の話となると、この運用をしたらどれぐらい増えるのか、、、のような議論が先行しがちす。

ライフプランニングの観点で様々なシナリオを想定し、そもそも資産が保全されるのかというポイントは非常に重要です。

国際保険会社が提供する信託サービス

信託とは”信じて託す”と書きますが、広義では”自分の目的や課題を叶えるために資金を託し管理・運用してもらうこと”を言います。

今回触れるのは一部の国際保険会社(オフショア保険会社とも言います)が提供する信託サービスで、運用開始後にどのタイミングであっても設定できるものです。

万が一の際に国際資金はどうなるか?

国際信託を説明する一つの例として、父・母・子の3人家族で、父が主に資産管理の詳細を把握しているとします。

父が主に資金管理する中で、どのような通貨がどのような形でどの国の機関で管理されているかを母は知らないとします。

このような状況で万が一にも父が亡くなったらどうなるでしょうか?

事前準備をしていないから全ての資金を失う、、、ということは考えづらいですが、やはり国際信託を設定しておくほうが後々スムーズです。

信託を設定するということは、万が一の場合にお金をどうするのか、、、という議論が家族内でも行われるので、その機会が生まれるということも非常に大事と考えています。

実際どのように信託設定をするか?

一般的に私が使用するのはBeneficiary Trustというトラストで、非常にシンプルなものです。

概念上、委託者(契約者・資産の保有者)が死亡時に信託が形成され、事前に決められた通りに機能することとなりますがBeneficiary Trustで決めらた内容が果たされるためには、受託者と受益者を事前に設定しておかなければいけません。

受託者と受益者について

まず、受託者(じゅたくしゃ)とは、委託者・資産所有者・契約者の信託目的に沿って資産の管理・処分を行う人のことを指します。

執行者という言い方もできますが、資金所有者が最も信頼を置く立場とされる人となります。

受益者(じゅえきしゃ)とは、受益者は実際に資金を受け取る人のことを指します。

前述の例を挙げると、年齢にもよりますが、例えば50%が母、50%が子、の形で譲渡されるように、2名以上を指定することもできます。

また、大事なポイントとして受託者と受益者が同一人物であっても良いという点が挙げられます。

母が受託者として執行し、自身が受益するということが出来るということです。

受託者を複数設定するケース

通常は受託者は1名で良いかもしれませんが、もし委託者と受託者が同時に死亡した場合はどうなるのか?と思われる方もいます。

父と母が同時に死亡してしまったというシナリオです。

その場合は委託者である父が受託者を2名選択することになります。

片方の受託者が死亡してももう一人の受託者が生存状態であれば、その受託者が信託を執行し、子が受益者になるようにすると決めることもできます。

証人について

私がこのBeneficiary Trustの設定をサポートする場合に、ケースバイケースですが証人になる場合があります。

ただし、概念上この信託内で設定される人は家族関係内で完結する必要がないため、場合によっては私が直接知り得ない、もしくは会えない場合もあるので、その場合は信託のための証人を別途依頼して頂く必要があります。

特に海外在住者にとって有用な無料の信託サービス

今回ご紹介しているBeneficiary Trustは、誰でも信託サービスを無料で受けられるというものではありません。

あくまで特定の保険会社の商品・プランを利用している方であれば無料で受けられるというものです。

信託サービスを提供していない会社を通して資産運用を行う場合、希望される方は信託サービスを個別で行っている企業を利用頂く必要があり、その場合は管理料が発生します。

記事内では保険会社の名前は挙げていませんが、ある程度大きな資金を運用されたり、時間をかけて資産形成されていたり、という方が多い中で、国際資金に信託機能を付加できるBenficiary Trustはとても重宝されるサービスです。

>>資産形成についてかっしーに問い合わせる【相談無料】