ファイナンシャルプランニング

オフショア積立投資(積立保険)の担当者や紹介者がいなくなった場合は?

みなさんこんにちは、マレーシア在住のファイナンシャルアドバイザー、かっしーです。

今日はオフショア積立投資(積立保険)のお話しです。

昨今、多くの日本人の方々が中・長期積み立て運用のためにオフショアの大手保険会社を利用して運用しています。

私自身もマレーシアの金融庁の認可の下(個人としても許可を得ています)現地の駐在員の方々やMM2Hの方々など、各銀行やプライベートバンク、保険会社などのサービスを使用してコンサルティング業務を行っています。

その中で、オフショアの保険会社を使用した積み立て投資もその選択肢となっています。

オフショア積立投資の例としては、

● RL360 (previously known as Royal London)
アールエル

● Utmost Worldwide (previously known as Generali Worldwide)
アットモスト

● Friends Provident International
フレンズプロビデント

● Quilter International (previously known as Old Mutual International)
クイルター

● Hansard Global
ハンサード

など、”積立”という方法論で見ると、10前後の会社と提携をして運用サポートをしています。

オフショアの保険会社の積立商品に関しては、全員が全員、有益に活用できている訳ではなく日本国内でトラブルを抱えている人がいるのも事実です。

かっしー
かっしー
特に知識や経験の無いブローカーが間に入ることによって起こるトラブルが多いようです!

どのような問題が発生しているのか?

一番の問題はやはりブローカーに起因する問題ではないでしょうか。

オフショアの積立投資を利用する場合、原則IFA(日本人IFAは香港登録が多い)と呼ばれるファイナンシャルアドバイザーが直接の仲介人となり、商品の販売、また、いわゆる継続的なサポートを”保険会社を代表して”提供する構造となっています。

私自身はマレーシアの金融庁にライセンスを受けるIFAでコンサルティング業務に必要なイギリスとマレーシアの資格を持っております。

その中で日本国内で一つの慣習として行われてきたことが、日本国内のブローカーがセミナーやMLMなどを通じたマーケティングを通して香港のIFAに顧客を繋げる、というような活動であり、現在も行われています。

このように、複数の層が構成されてしまう環境で海外の保険積立商品がマーケティングされているケースは多い中、問題になるのはどのような点でしょうか?

1.プラン構造を正しく理解している人が少ない

これが一番の大問題だと思っています。

そもそも論ですが、オフショアの保険会社の情報は原則英語になります。

日本語によるサポートはほぼありません。

こうなると、まずIFAが英語に堪能であることが大前提となり日本国内でマーケティングを行っているブローカーも同様である必要があります。

私自身、英語力に置いては相当高いレベルにあると思っていますが、気になる項目は何度も何度も保険会社と確認するようにしています。

少々大げさな言い方になりますが、正直あのレベルの英語を一般的な日本在住の日本人が理解できるとは思えないというのが本音です。

正しい理解がされてるかどうかという懸念がある中、日本国内のブローカーによってマーケティングされてしまったことにより、誤った認識で投資家がオフショア積立投資を始めている、というケースがあるようです。

2.ブローカーの責任感・倫理観問題

これも非常に気を付けるべき問題です。

オフショア積立に関して日本で多く発生している問題として、ブローカーがIFAの代わりに個人投資家にオフショア商品・プランを紹介した後、時間が経ったら連絡がつかなくなる、という問題です。

本来はIFAが仲介者で、保険会社と個人の契約者の繋ぎ役はあくまでIFAという構造になっているので、本来的にはブローカーがいようがいまいが契約そのものには影響が無いはずなんですが、場合によってはブローカー以外の連絡先を知らないという方もいたりします。

そうなった場合に、個人の投資家は英語で商品元の会社に自分で連絡を取ることになったりと、英語力が一定量ある方でなければどうしたら良いかわからない・・・。という立場に陥ってしまうケースもあるようです。

3.仲介が重なると投資にならない

こちらも大きな問題です。

事実を知っている人は少ないと思いますが、オフショア積立保険で管理しているプランに対してIFAは一定量のフィーを受け取ります。

これとは別に、約1%前後の”いわゆるアドバイザーフィー・顧問料”を年間発生させているIFAは多いと思います(私はブローカーを使用していませんしこのフィーは必要ありません)。

元々プランに備わっている管理費用が存在する中、それに加えて年間1%前後の顧問料の上に、更にブローカーのための費用が発生するケースが発生しているのが現状です。

例えば、別途費用として、言語サポートのための費用や、資料を処理するためのサポートに対して費用の発生があったりします。

かっしー
かっしー
大なり小なり作業をする度にいちいち費用を請求するブローカーもいるようです・・・。

層の上に層が重なり、コストが膨らんでいくと、そもそも運用になりません。投資がどうこうの前にコストで負けるというのを見越して運用をしてしまっているケースは少なくないのではないでしょうか。

IFA・担当者がいなくなってしまったら

担当者がいなくなってしまった場合に、新しく担当してくれる人を探そうとすると、IFAやブローカーのような仲介人の中には、積立額を上げなければ窓口になりません!プランは管理しません!というような会社も少なからずあります。

その結果、個人投資家の立場としては、じゃあどうしたらいいんだろう・・・?となることが多いのも現状です。

ブローカーなどによって誤った理解の下での販売ケースを場合も考えると、全ての保険積立プランを当方で管理できると約束はできませんが、窓口が必要な方は一度お問い合わせ頂ければと思います。