ファイナンシャルプランニング

2019年の財政検証と公的年金

こんにちは。マレーシア在住ファイナンシャルアドバイザーのかっしーです。

5年に1度の財政検証、つまり公的年金は大丈夫なのかの検証結果が発表されました。

ちょっと前までは「100年安心」なんてことが言われていましたが、今回の検証でかなりシビアな結果が提示されることとなりました。

財政検証とは?

経済成長や賃金上昇率などを加味して、複数のシナリオを作成。今後公的年金はどうなるか?についての検証です。

今回、理想的なシナリオ、ワーストケースシナリオ、など、今回6つのシナリオで検証されました。

目標とする50%所得代替率は達成できるのか?も同時にチェックされます。

*所得代替率:現役として仕事をしている間の手取り収入に対して、定年後に受給する年金額の割合。

受け入れないといけない年金の不都合な真実

不都合な真実その1

検証では、経済成長率などに応じて、6つのシナリオを設定していますが、ワーストシナリオのシナリオでは年金は枯渇するとレポートされています。

ある種、人為的に”ありえるシナリオ”として作ったものではあるとはいえ、ワーストケースシナリオを含む3つのシナリオでは、所得代替率が50%を切ると想定されました。

不都合な真実その2

最も良い経済成長を想定しているシナリオでも、向こう27年は年金の給付額の抑制を続けて行かなければならないともレポートされています。

つまり、どう転んでも給付額は落ちるという事実を改めて突き付けられたという検証結果となります。

不都合な真実その3

さらに別の検証として、現在20歳の人が、2019年現在時点に置いて65歳の人と同等の年金受給額を達成するためには何歳まで働くことになるか?がレポートされました。

結果としては69歳前後となり、この数字がじわりじわりと日本の平均寿命に近づいてきています。

グローバルインデックスという形で、定期的に各国の年金システムが評価されています。2019年での世界基準で見た日本の年金システムの評価は↓です。

どうすればいいのか?

私の好きなホリエモンは、将来の心配を今してもしょうがない、今を生きろ!と言っていますが、それも頭に入れつつ、個人的には”浪費の圧縮”は直ぐにできる効果的な対策だと思っています。

浪費=何か楽しいこと

浪費を無くす=人生が楽しくなくなる

と思っている人も少なくないと思いますが、私はこれに全面的に否定的です。

人間の状況・環境への適応能力、例えば、腕や脚を失ったとしても人生の幸福度が五体満足の人のそれに時間が経てば近づいていく、という論文もありますが、お金についての適応能力も同様と考えています。

拝金主義的にお金がないと幸福感を感じられない生き方を考え直すことは長い目で見て有効な対策だと考えています。

使うところは使う、貯めるところは貯める、投資するところは投資する(色々な意味で)、とお金に対する態度にメリハリをつけるところから対策は始まると考えます。