マレーシア生活

海外での異動や引っ越し、転職で使いこなしたいWISEのマルチカレンシー口座とデビットカード

海外駐在や現地就職の際に一定量の現地通貨が銀行口座に貯まるかと思いますが、いざ帰国や他の国への引っ越しとなると、貯まった現地通貨はどうすれば良いのか?という問題が起きがちです。

海外資金についてはある程度プラン立てて準備していかないと後々面倒なことになったりしますし、過度にお金をあっちこっち動かして銀行手数料・為替手数料がどんどん重なっていくということも起きます。

特に、海外A国(今回の記事ではマレーシアを起点とするお話しをします)に住んでいて、国をまたいでB国に異動・引っ越しする、、、というケースでは実はお金の管理・移動が簡単ではありません。

今回の記事にて私が考える自身の引っ越しに合わせてお金の引っ越しもスムーズ行う方法を紹介させて頂きます。

かっしー
かっしー
WISEの便利さについて聞いたことがあってもなんか難しそうだし使ったことはない、、、という人もいると思います。

実際アカウントを作って色々いじってみると分かりますが使いやすい構造になっており、海外旅行が好きな方や、海外就職・転職が控えている方にとっては慣れといて損のないサービスだと思います!

国をまたぐ引っ越しの際の資金移動の注意点

私自身はマレーシアに住んでおり、マレーシア起点の話とさせていただきます。

私が日本へ本帰国される方々、他の国へ異動される方々へ頻繁に言っているのは”マレーシアの銀行口座はマレーシアからの出国・ビザの終了に合わせて閉じることになっている”というポイントです。

外国人の口座情報はビザ情報と連動していて、マレーシアのビザが切れると銀行口座は凍結されます。

この話をすると「いや、でもお金を残して大丈夫な人を知っています。」とか言ってくる人がいますが、物事を運に任せる考え方にはうんざりしていて、運に任せたい人はご自由にして下さい。

そのような人はさて置き、きちんとマレーシアから他の国への資金移動をしようとすると、行先の銀行口座がないのにマレーシアの銀行口座は閉じなければならないという事象が発生します。

マレーシアに来ている海外駐在員が横横の異動が決まった場合、マレーシアから転職をするためにタイやシンガポール、フィリピンやインドネシアに引っ越す場合などでは、行先の国に銀行口座はありませんよね。

自分自身は引っ越しの準備が整っているのに今ある銀行のお金をどう管理すればよいのかわからない!という状況が生まれる訳です。

実際にはマレーシアにある銀行のお金を動かそうとすると、マレーシアの電話番号が必要となるので、ビザの終了に伴う銀行口座の凍結だけでなく、その辺りの金融インフラ事情も難しさを生む点になります。

この辺りの問題をまるっと解決できると考えているのがWISEのマルチカレンシー口座とデビットカードです。

WISEのマルチカレンシー口座

WISE(旧トランスファーワイズ)という会社名を聞いたことがある人は多いと思いますが、この会社(本社はイギリス、ロンドン)がマルチカレンシー口座を提供しています。

ロンドン証券取引所に上場しており、マルチカレンシー口座、国際送金、国際デビットカードなどのサービスを提供しています。

WISEのマルチカレンシー口座では50種以上の通貨で口座を開くことができ、マレーシアリンギットはもちろんのこと、米ドルや英ポンドなどの世界基軸通貨や東南アジア近隣諸国の通貨も利用可能です。

マルチカレンシー口座の応用方法

WISEアカウントに登録

アカウント作成には住んでいる国での電話番号やパスポートが必要になります。

WISEアカウントの設定自体は全く難しくないので、パパっと作ってしまいましょう。

*アカウント登録作業自体は流れに任せれば完了させられるので、本記事内では省略させていただきます。

マレーシアリンギット口座を開く

アカウントを作成するとホーム画面に”+口座を開く”という項目がでてきます。

こちらからリンギット建ての口座をWISEのプラットフォーム上に開設することができます。

マレーシアリンギットの入金

上記作業でWISEプラットフォーム上にあっという間にリンギット口座ができます。

ホーム画面にリンギット口座のロゴがでてくるので、”チャージ”により、マレーシアで使っている銀行からWISE上のマレーシアリンギット口座に資金を移すことができます。

私自身はWISE上に日本円とリンギットの口座を開設しており、複数の通貨が同時管理できるので”マルチカレンシー口座”と言われています。

現地銀行口座のクローズ準備完了!

実際に現在の滞在国を離れる際には多少の現金を持ち歩く必要もあるかと思いますが、それ以外の部分をWISEの口座に”チャージ”で移してしまえば、後は現地銀行口座をクローズできる状態となります。

引っ越しの準備や異動タイミングのズレなどで、WISEの口座から資金を引き出したり、オンライン決済をする必要がでてくるかもしれません。

そのような時のためにWISEのデビットカードも合わせて作ってしまいましょう。

注:2021年末からマレーシアで申請できるようになりました!

WISEデビットカード管理における注意点

WISEデビットカードは全世界で230万台以上のATMから現金引き出しを行うことができ、もちろんオンライン決済や店頭での使用も可能です。

WISEデビットカードの申請はアカウント作成の流れで行うことができ、申請方法自体は簡単なので、使用の際の注意点や私が考える”こうしたら安全に使えるんじゃないか?”というポイントについて言及します。

デビットカードの凍結

WISEのデビットカードはWISEのカード画面で即座に凍結したり元に戻したりできます。

心配な人は長く使わないだろうと思っている間は凍結状態にし、カードが不正利用される可能性を0%にしておいても良いかもしれません。

WISEはPC上で操作できるだけでなく、スマホのWISEアプリもあるので、いつでも設定を変更することができます。

デビットカードの使用環境の管理

”支払い方法の管理”から、どのような状況・環境でデビットカードが使えるかを設定することができます。

もし特定条件・環境でしかWISEのデビットカードは使わないという場合には、不要なものは無効にしておいても良いかもしれません。

WISE上の”貯金箱”の応用

WISEのホーム上に貯金箱という項目があります。

私としてはセキュリティの観点では何気に一番大事だと思っている機能です!!

貯金箱はそれぞれの通貨で作成することができ、WISEからの解説によると、将来用のための貯金として”分ける”という意味合いで説明がされています。

しかし、この貯金箱機能とても良い!!と思っているのはマルチカレンシー口座と”隔離されて管理”され、デビットカードと紐づいていないというポイントです。

なので、例えばマレーシアから他の国へ異動することが決まって、WISEに現地銀行からお金を移し、デビットカードも作成し、念には念を、、、と言う事で、デビットカードから隔離されたこの貯金箱に主な資金を保管するというのは非常に推奨されるステップです。

マルチカレンシー口座と貯金箱間の資金の移動はいつでもできますし、費用もかかりませんので、WISEのマルチカレンシー口座におけるプチ金庫のような感覚で設定してみてはいかがでしょうか。

デビットカードについては以上となりますが、デビットカードを作成をするべきかどうかはご本人次第です。

私は作れるものは作っといた方が良いと思っている方ですが、皆様のご状況・必要性に応じて作成をするか否かを決めて頂ければと思います。

WISE上での両替について

WISEは両替手数料の良さが売りです。

絶対WISEが手数料の点で1番かどうかはわかりませんが、私自身も利用する中で十分安いと思っています。

以下のような差がWISEホームページ上で提示されているので、よっぽど大きい金額でなければパッとWISEで両替をしてしまっても悪手にはならないと思います(あーだこうだ考えるのもストレスですし)。

それぞれの通貨の口座をホーム上でクリックすると”両替”ができるので、両替元の通貨口座をクリックし、両替を進めて下さい。

非常に使いやすいUIなので、”両替”から進むと、金額や通貨を簡単に設定することができます。

両替自体はいつやらなければならないという時間的束縛はありません。

為替タイミング次第でも良いですし、自身の渡航に合わせてでも良いですし、いつでもWISEのプラットフォーム上で両替を行うことができます。

WISE口座に入金するタイミングについて

私自身はマレーシアからオンラインバンク経由での入金したことしかありませんが、少なくてもマレーシアのオンラインバンクの場合には、入金作業を完了させるためOTP(携帯電話で受け取るパスワード)を受け取るマレーシアの電話番号が必要となります。

WISE口座にマレーシアの資金を移すタイミングとしては、マレーシアでのビザ終了と合わせて、マレーシアにいる間にWISE口座への資金移動を完了させておくべきだと思います。

*WISE上のマルチカレンシー口座で管理できる金額には上限があり、居住国によって異なりますのでそれぞれご確認下さい(マレーシアの場合は20,000MYRまで)。

*マルチカレンシー口座にて管理できる額と送金上限/日は異なります(マレーシアから他の国への送金上限/日は30,000MYRまで)。

第三国へ異動・引っ越し後にWISE口座からお金を出す・使う方法

現在の滞在国から第三国へ異動・引っ越しが完了したとして、WISEのマルチカレンシー口座にある資金を利用する方法は大きく見て二つで、

  • オンライン決済や店頭などでデビットカードを利用しWISE口座の資金を使う
  • 引っ越し先の国で新しい銀行口座の準備できたら、その国の通貨にWISE上で両替を行い送金する

になります。

例えばマレーシアから離れ、異動・引っ越しでフィリピンに住む場合。

どこかのタイミングでWISE上でフィリピンペソの口座を設定し、自身のタイミングでマレーシアリンギットからフィリピンペソに両替を行うことになります。

WISE上で両替されたフィリピンペソをそのままデビットカードで現地生活のために使うなり、もしWISE上にお金が貯まりすぎているのが嫌であれば早めにフィリピンの現地銀行口座を作り資金を移すことになります。

銀行に送金しない資金に関しては是非前述の”貯金箱”機能をご利用ください!

時間に余裕のある準備を

外国間で引っ越しをするときには、本当に色々なことを同時に進めなければならないので、優先順位がごちゃっとしてしまうこともあるかもしれません。

特に転職の場合は、現在の会社との契約周りのことやビザ周りのこと、税金周りのこと、そもそも自分の生活周りのことでもやることが増えるタイミングだと思いますが、やはり余裕を持った準備は大事だと思います。

外国間で引っ越す際のお金の引っ越しの対応策の一つとして、WISEのマルチカレンシー口座と想定されるデビットカードの使用方法を紹介させて頂きました。

今すぐ大きく動く予定がない人でも、旅行や出張などでも使い勝手が良いサービスなので、早いタイミングで触れてみて慣れておくことをおすすめします!